妊娠中・授乳中に水虫を治療する方法

妊娠中の方は飲み薬による治療が出来ません。

飲み薬による治療は爪白癬やトリコフィトン・トンズランス、頭部白癬や症状がひどい場合に使用します。

もし上記の水虫になっている場合、症状がひどい場合でも妊娠している、もしくは妊娠の可能性がある場合は医師に必ず事実を伝えてから治療するようにしましょう。

症状がひどい場合で妊娠中の場合は症状を抑えるために外用薬を塗り出産、授乳が完了したら飲み薬による治療を開始しましょう。

ただし妊娠中でも外用薬(塗り薬)による治療は可能です。 通常の水虫(小水疱型、趾間びらん型足白癬、体部白癬、股部白癬)の 症状であれば塗り薬を塗って治療していきましょう。

産まれてきた子供にうつさないためにも完治させましょう。
※私の母は私がまだ授乳中の時に爪白癬の治療を行い完治させましたが なんと、その時は授乳中にも関わらず飲み薬を飲んで完治させたと言っていました・・・

私は運良く薬の副作用の影響を受けずに今に至りますが考えると少し怖いですね。

当時は皮膚科が少なくこうしたアドバイスなく治療が行われていたようですが現在は授乳中に飲み薬は原則行いません。

このページの先頭へ